自分に合った求人を探す

桜の下で新しい仕事に挑戦する女性

学生のアルバイトでも社会人の就職活動でも、仕事を探す時にまず考えるべきポイントは
「自分にはどのような仕事が合っているのか」ということです。

身体を動かす仕事か、それとも事務系のデスクワークがいいのか、はたまた接客業が向いているのか…

そのような自分の得意分野を冷静に分析できる人は、自分に合った仕事をすぐ見つけられるでしょう。
しかし、大抵の人は求人情報を見た時、まず賃金などの待遇ばかり注目してしまいがちです。

それはそれで重要なポイントではありますが、例えどれだけ賃金が良くても自分に向いていない仕事をやり続けるとなるとストレスや負担は大きいでしょう。

けっきょくその仕事は長続きしないはずです。

自分が得られる対価だけで仕事を選ぶのは、結果的にマイナスだと言えるのではないでしょうか。

また、「アルバイトと正社員、どちらの働き方が向いているのか」も考えておくべきポイントです。

アルバイトであれば働く時間帯を自由に選ぶことができますが、正社員の場合はそうはいきません。

反対に、正社員は福利厚生などが充実しており、万が一の際の保険もありますが、アルバイトにはそのような保障がほとんどありません。(もちろん、従業員として働くからには最低限の権利は守られるべきですが)

健康保険や失業保険など、万が一の時の安心が自分には必要だと思うのであれば正社員を、「国民健康保険を自分でかけて、時間の融通が利く仕事をしたい」というのであればアルバイトを選択するのがいいでしょう。

ここで自分の望まない働き方を選択してしまうと、先述したようにストレスの元ですし、結局仕事は長続きしない可能性が高いです。

短期で仕事を辞めた履歴が増えただけでは、次の就職の際不利になりかねません。

仕事を探す際には、求人誌や求人サイトをチェックする前に、自分の長所・短所をしっかり把握しましょう。

長く働ける仕事を見つけるために必要なのは「急がば回れ」、じっくりと自分を見極め、情報を吟味することが大切です。